債務整理すると住宅ローンは組めない!?

借金を抱える人にとって、その悩みを解決してくれる大切な手段、それは「債務整理」です。債務整理にはいくつかの種類がありますが、弁護士などの専門家に相談して自分の状況に合った債務整理を行うことで、借金から解放され、はればれとした気持ちで生活を送ることができます。

 

ただし、作ってしまった借金を様々な手段で減らしたり、なくしたりするということは、実はメリットだけではありません。

 

債務整理の大きなデメリットとして、「住宅ローンを組めなくなる」というものがあります。

 

この記事では債務整理後の住宅ローンについて説明します。

 

住宅ローンを組めなくなる理由

 

債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)をすると、信用情報機関にその内容が登録されます。住宅ローンの申込をすると、申込を受けた金融機関はその信用情報を確認します。

 

そこに「この人は債務整理をしたことがある」という内容の情報が掲載されていると、その金融機関は「この人に住宅資金を貸し付けても、予定通りに返済してもらえないかもしれない」と判断し、結果的に「あなたにお金は貸せません」という結論になるのです。

 

信用情報が掲載される期間

信用情報機関に情報が残る期間について、一般的には、

  1. 任意整理:5年
  2. 自己破産/個人再生:10年

と言われています。

 

一生残るわけではありませんが、少なくとも上記の期間は「債務整理をした」という情報が他の金融機関にもわかってしまいますので、住宅ローン審査が通らない可能性が高いでしょう。

 

それでも住宅ローンを組みたい!

「住宅ローンを組んでマイホームが欲しい」という気持ちはじゅうぶんにわかりますが、住宅ローンの審査に通らないことには始まりません。

 

まずは信用情報が消えるのをじっと待つ

金融機関はもちろん、信用情報機関に問い合わせたり文句を言ったりしたところで情報は消えません。まずは信用情報が消えるまで、じっと待ちましょう。その間、ローンは組めなくても貯金はできます。少しでも貯金を殖やして、住宅ローンの頭金の準備をしておくと夢も膨らみますね。

 

信用情報機関から情報を取り寄せ、確認する

「そろそろ情報が消えたかな?」と思ったら、いきなり住宅ローンの審査を申し込むのではなく、まずは自分で信用情報を確認してみましょう。郵送で取り寄せることが可能です。(本人確認書類などが必要)

 

現在日本にある信用機関は3つ。基本的に全てから情報を取り寄せて確認してください。

 

  • JICC(日本信用情報機構):消費者金融/信販会社系
  • CIC:クレジット会社/信販会社系
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター):銀行系

 

債務整理歴が消えていたら、住宅ローン審査を申し込んでみる

情報を取り寄せた結果、無事債務整理の情報が消えていたら、住宅ローンに申し込んでみましょう。金融機関は信用情報以外にも様々な要素を考慮して審査を行いますので、「情報が消えている=必ず審査に通る」というわけではありません。

 

ただ、金融機関によって基準が異なるので、1回申し込んでだめだったからといってあきらめず、いくつかの金融機関でチャレンジしてみるといいでしょう。

 

債務整理後、住宅ローンを検討するとき気をつけるべきこと

以前借入を行っていた金融機関での申込は避ける

信用情報機関の情報が一定の期間後に消えても、金融機関が保有している返済等の情報は消えません。そのため、以前借入をしていた金融機関はもちろん、その関連企業などに住宅ローンを申し込むと、信用情報が消えていても審査に通らないことが多いでしょう。

 

住宅ローンを申し込む際は、

  • 金融機関の関連企業からの借り入れがなかったか
  • (保証会社がつく場合)その保証会社の関連企業からの借入もないか

はあらかじめ調べておきましょう。

 

そもそも住宅ローンを組んでまで家が必要か、を考える

あこがれのマイホームが欲しい…そう思う人は多いもの。しかし、住宅ローンを組んでまで本当にマイホームが欲しいのか、という根本について、もっと深く考えてもいいかもしれません。自宅を購入することにはデメリットもあります。

 

たとえば、隣人がどうしても自分と相容れないタイプの人だったら…?賃貸であれば「引っ越す」という選択をすることはできますが、持ち家だとそうはいきませんよね。最近では「子どもが巣立つまではその時の家族の人数に応じた賃貸物件で暮らし、その後夫婦だけで暮らせる小さな家を購入する」というパターンも増えています。

 

本当に自分たちは今マイホームが欲しいのか?それはなぜか?これを機会にゆっくり考えてみてもいいでしょう。

 

「債務整理をしない」という選択肢

「住宅ローンが組めなくなるから債務整理はしたくない」と思い、債務整理をせずに借金の返済をがんばる人ももちろんいます。その心意気はとても立派です。でも、考えてみてください。現時点で「債務整理」の言葉が脳裏をよぎるほど借金に困っている状態なのであれば、住宅ローンを組んでも返しきれず破綻してしまう可能性があります。

 

また、借金に追われる生活を続けると、お金以外のものも失われていきます。まずは債務整理をして経済状況や生活を整え、数年後にゆっくりとマイホームについて考える、というのが無理のない流れではないでしょうか。

 

借金の理由や金額などは人それぞれです。債務整理をする/しないも個人の自由です。ただし、どの局面においても、「何が大切なのか」の判断を誤ってはいけません。その場しのぎではなく、未来を見据えて借金問題を解決して行けたらいいですね。