債務整理はどこに頼めばいい?

債務整理について検討し始めると、情報がたくさんあって「結局どこに依頼したらいいの!?」と混乱してしまいますよね。

 

この記事では、債務整理の依頼先を選ぶときのポイントと、債務整理について評判の良い事務所についてご紹介します。

 

依頼先を選ぶときに考えるべきポイント

弁護士か司法書士か

弁護士と司法書士、どちらも債務整理を依頼することはできますが、実は債務整理の中でも種類によって司法書士が扱えない手続もあります。また、司法書士の場合は「代理人」になることができないため、あくまでも「書類作成の手伝い」という形になる場合もあります。その分費用を安く設定している場合もあるため、トータルで考えるとどちらがいいのかなど、判断に迷うこともあるでしょう。

 

結論としては、「債務整理の経験があればどちらでも大差ない」ことがほとんどです。そのため、「弁護士か司法書士か」という視点で依頼先を判断するのはあまり意味がないことだとも言えます。

 

ひとくちメモ

「法律事務所」は「弁護士の事務所」の名称であり、これは弁護士法という法律で定められています。そのため、「○○法律事務所」という名称のところには弁護士が必ず在籍しています。最近よく見かける「法務事務所」の場合、司法書士や行政書士などの事務所です。次に事務所の名前を見かけたら、是非確認してみてくださいね。

 

債務整理の経験が豊富かどうか

「弁護士か司法書士か」で選ぶのではなく、依頼先の「債務整理の経験が豊富かどうか」を判断基準にするとよいでしょう。債務整理は裁判所や金融機関によって様々な対応を要求されます。経験が豊富であればノウハウも多く蓄積されているはずですから、安心して依頼することができますよね。

 

費用の支払方法について柔軟に対応してくれるか

依頼をするときに気になるのは費用のこと。金額の違いはもちろん、自分が希望する支払方法に対応してくれるかどうか、も考えましょう。大抵の事務所は分割払いを受け付けていますが、その金額や時期について、納得がいくまで話をしてくれるところを選ぶと安心です。

 

特に、あとから「こんなはずじゃなかった!」と思わないように、過払報酬の割合や、減額報酬の有無もきちんと確認しておきましょう。契約書が発行されるかどうかもあわせて確認しておくといいですね。

 

連絡がこまめに取れるかどうか

債務整理を依頼するということは、自分の人生を預けることである、と言っても過言ではありません。借金というのはそれくらい人生を蝕みます。自分の人生を預けている相手とこまめに連絡ができないと、非常にストレスを感じるでしょう。

 

担当の弁護士や司法書士、それが難しくても事務員などとこまめに連絡を取れるのか、定期的な連絡などがもらえるのか、聞いておきましょう。

 

ネット上の口コミや評判には限界がある

電話するのが億劫で、パソコンやスマホで「債務整理 依頼」「債務整理 評判」などと検索してはざっと眺めて終わる…そんな経験、ありませんか?ネット上で得られる情報にはどうしても限界があります。口コミや評判も、ある程度数を読むとほぼ同じ内容の情報しか入ってこなくなります。

 

そんなときにあなたがすべきことはただひとつ。

 

「ためしに電話をしてみる」こと。

 

債務整理と一言で言っても、個人個人で状況は千差万別。執るべき手続も異なります。一般的な情報を得ることにうんざりしてきたら、是非一度無料相談をしてみましょう。

 

電話だけならその場でかけることができますし、事務所によってはメール相談を受け付けているところもあります。メールなら思っていることや現状などを事前にきちんとまとめられますので、実際にあって話をするのが恥ずかしい、という方でも気軽に相談できますね。

 

いずれにせよ、債務整理を扱っている事務所の人は、債務整理についての相談を受けることには非常に慣れていますから、緊張しなくても大丈夫ですよ。

 

また、相談する=依頼を決めるということにはなりません。

 

電話をして、話をしてから考えても構わないのです。電話対応とネットでの評判を照らし合わせてみるつもりで、まずは電話をしてみましょう。電話だけであれば今より状況が悪化することはありません、安心してくださいね。

 

「そんなこと言われてもどこにかけたらいいのかわからない」という方のために、オススメの事務所を紹介しますね。

 

おすすめはこの3つ。この中で自分に合った依頼先が見つかるといいですね。